リスク警告:あなたの資本は危険にさらされています。 統計的に、外国為替とCFDを取引するとき、トレーダーの11-25%のみが利益を得て、 残りの75〜89%のトレーダーは投資を失います。 そのようなリスクにさらすことができる資本金額のみを投資してください。

外国為替分析と予測

フィルタ:
すべての商品
人気のある
EUR/USD
GBP/USD
USD/CHF
USD/JPY
AUD/USD
ブレント
XAU / USD
すべての商品:
FX
USD/CAD
EUR/JPY
EUR/GBP
NZD/USD
EUR/AUD
GBP/JPY
CAD/JPY
EUR/CAD
NZD/JPY
GBP/CHF
CHF/JPY
EUR/NZD
GBP/AUD
CAD/CHF
AUD/NZD
NZD/CAD
GBP/CAD
AUD/CHF
金属
XAG / USD
XAU / USD
XPD / USD
XPT / USD
XCU/USD
エネルギー
WTI
ブレント
インデックス
S&P500
DOW30
DXY
選択する
AUD/CAD
AUD/JPY
AUD/SGD
AUD/USD
BTC/USD
CHF/BGN
CHF/RON
CHF/SGD
CHF/TRY
EUR/CHF
EUR/CZK
EUR/DKK
EUR/HKD
EUR/HUF
EUR/ILS
EUR/MXN
EUR/NOK
EUR/PLN
EUR/RON
EUR/RUB
EUR/SEK
EUR/SGD
EUR/TRY
EUR/USD
EUR/ZAR
GBP/BGN
GBP/CZK
GBP/DKK
GBP/HKD
GBP/HUF
GBP/NOK
GBP/NZD
GBP/PLN
GBP/RON
GBP/SEK
GBP/SGD
GBP/TRY
GBP/USD
GBP/USD
GBP/ZAR
HKD/JPY
NZD/CAD
NZD/CHF
SGD/HKD
SGD/JPY
TRY/JPY
USD/BGN
USD/CHF
USD/CNH
USD/CNY
USD/CZK
USD/DKK
USD/EUR
USD/HKD
USD/HUF
USD/ILS
USD/JPY
USD/MXN
USD/NOK
USD/NOK
USD/PLN
USD/RON
USD/RUB
USD/SEK
USD/SGD
USD/TRY
USD/ZAR
すべてのFX会社
すべてのFX会社
IG
ドル円110円トライを警戒
ドル円110円トライを警戒
Market Summary 25日の海外外為市場は、「米ドル売り/円買い」優勢の展開となった。週明けの米国市場は政治リスクを意識した「株安/金利低下」の展開に。ドル円は米国市場の動向を受け安値110.25まで下落する局面が見られた。一方、ユーロドルは1.1438まで上昇した。米株は主要3指数が下落した。米国経済に対する先行き不透明感が高まる中、22日午前0時に米連邦予算が失効。一部の政府機関で閉鎖が始まり、この状況が年明けまで続く可能性が高まったことで投資家のリスクセンチメントはさらに悪化。この日最も下落したダウ平均は前週末比653.17ポイント(2.91%)安の21,792.20と、20....
17
テクニカルが示すドル円のトレンド転換
テクニカルが示すドル円のトレンド転換
Market Summary 20日の海外外為市場は円買い優勢の展開となった。主要な海外株価指数が軒並み下落したことを受け、外為市場では円買い圧力が高まった。ドル円は9月10日以来となる110円台を付ける局面が見られた(安値110.80)。クロス円ではカナダ円の下落が目立った。株安に加え原油価格反落の影響も受けたカナダ円は4月3日以来となる82.00割れの展開に。安値81.94を付ける局面が見られた。米株は主要3指数が続落。米国経済の先行きに対する懸念は根強く、またこの日は連邦政府機関の一部閉鎖の可能性も相場の重石となった。最も下落幅が拡大したダウ平均は前日比464.06ポイント安の22,8....
18
FOMCに米株は下落で反応
FOMCに米株は下落で反応
Market Summary 19日の海外外為市場では、FOMC後に米ドル買い優勢の展開となった。FEDは今回の会合で予想通り0.25%の利上げを決定。市場の焦点だった2019年の利上げ見通しは2回と、9月時点の3回から鈍化した。しかし金利先物市場が予測していた1回を上回る内容だったことから米ドルを買い戻す動きとなり、ドル円は112.65まで反発する局面が見られた。一方、ユーロドルは1.1435前後から1.1360台まで米ドル買いが進行した。米株はFOMC後に主要3指数が下落した。金利先物市場の予測を上回る来年の利上げ見通しと世界経済の先行き不透明感が相場の重石となった。ダウ工業株30種平均....
14
FEDのスタンスと米株の反応
FEDのスタンスと米株の反応
Market Summary 18日の海外外為市場は、主要な先進国通貨に対して米ドル売り優勢の展開となった。ドル円は欧州タイムに安値112.23を付ける局面が見られた。その後反発するも、米長期金利の低下と終盤に米株が失速したことを受け、112.60台で上値が抑制された。一方、ユーロドルは欧州タイムに付けた高値1.1402から下落するも、米独利回り格差の縮小傾向を受け1.13ミドル前後でサポートされた。米株は主要3指数が上昇した。しかしFOMCを見極めたいとの思惑が相場の重石となり、終盤に上げ幅が縮小する展開に。S&P500指数とダウ平均は小反発で引けた。国際商品市況では、NY原油先物....
21
米株はレンジブレイク 重要性増す指標データ
米株はレンジブレイク 重要性増す指標データ
Market Summary 17日の海外外為市場は円買い優勢の展開となった。週明けの主要な海外株価指数は軒並み下落。外為市場ではリスクを回避する円買い圧力が高まった。特にカナダドルでの円高が目立った。株安に加え、この日はNY原油価格が50ドルを割り込む展開となったことで、カナダ円は今月6日以来となる83.97まで下落する局面が見られた。一方、ドル円は安値112.67まで下落した。 米株は主要3指数が下落スタートとなった。FOMCを控える中、昨日発表された指標データが市場予想を下回ったことで投資家心理が悪化。また、メキシコ国境の壁建設を巡り与野党の対立が政府機関の閉鎖にまで発展する可能性が出....
15
今週の焦点:FOMCとFEDのスタンス
今週の焦点:FOMCとFEDのスタンス
Weekly Outlook最大の焦点は米FOMC(18-19日開催)となろう。ポイントは2019年の利上げペースにある。この点を見極める上で重要となってくるのが最新の予測となろう。ファンダメンタルズ(経済/インフレ)およびFF金利の予測が9月時点から下方修正されるならば、外為市場では米ドル売り圧力が高まろう。だが、最も注視すべきは米ドル相場よりも米株の方である。米株の反応次第で米ドル売りの圧力の強さや期間が影響されよう。今週の予想レンジだが、ドル円は112.00-114.50、ユーロドルのそれは1.1200-1.1500をそれぞれ想定している。 Source: Bloomber....
16
2018 12/17【IGウィークリーテクニカル分析】
2018 12/17【IGウィークリーテクニカル分析】
IGテクニカル分析では毎週1回、ドル円とユーロドルの重要なチャートポイントを端的に指摘しています。最新のトレンドやオーダー状況の情報も豊富な内容となっています。ぜひトレードの参考としてください。 USD/JPY 今週の想定レンジは112.00-114.50。FOMCで大きく動く可能性はあるが、ドル安圧力に直面してもドルプットの動向、海外勢のクリスマス休暇入り、そして円買い需要が高まらない状況を考えるならば、112円台での押し目買いは根強く続くだろう。各プロジェクションおよび移動平均線で反転ポイントを探る一方、上昇局面ではトライアングルのレジスタンスラインの突破がテクニカル面での焦点と....
20
市場の焦点は米指標データとFOMCへ
市場の焦点は米指標データとFOMCへ
Market Summary 13日の海外外為市場はユーロ売り優勢の展開となった。ECBは2019年の経済とインフレ見通しを下方修正した。外為市場はユーロ売りで反応。ユーロドルは安値1.1328まで下落する局面が見られた。一方、ドル円は取引序盤の米株上昇と長期金利の反発基調維持により、高値113.70まで上昇。しかし、米株が失速すると上値が重くなり、113.50台まで反落した。米株はダウ平均が続伸。米中貿易交渉に対する期待を背景に序盤は買いが先行した。しかし懸念が完全に払しょくされてないため、利益確定売りに圧され前日比70.11ドル高の24597.38と上昇幅は限定的だった。S&P5....
16
2018 12/10【IGウィークリーテクニカル分析】
2018 12/10【IGウィークリーテクニカル分析】
IGテクニカル分析では毎週1回、ドル円とユーロドルの重要なチャートポイントを端的に指摘しています。最新のトレンドやオーダー状況の情報も豊富な内容となっています。ぜひトレードの参考としてください。 USD/JPY 今週の想定レンジは111.00-113.80。標準誤差回帰分析バンドは下降トレンドにあり、DMI/ADXも下落圧力の高まりを示唆。注視すべきは5月安値108.10を起点とした短期サポートラインの攻防となろう。このラインを下方ブレイクする場合は、111.00を視野に下落幅の拡大を警戒。一方、上値の攻防分岐は21日MAとなろう。突破に成功する場合は、回帰分析バンドの上限を視野に....
18
焦点はECBイベント
焦点はECBイベント
Market Summary 12日の海外外為市場では、欧州通貨を買い戻す動きが見られた。この日行われたメイ英首相の信任投票で同氏が信任され保守党指導者の地位を確保した。英ポンドは事前にメイ氏優勢を折り込み、対ドルで1.2671まで上昇する局面が見られた。一方、ユーロはイタリアの財政リスクが後退したことで1.1388まで買い戻される局面が見られた。ドル円は対欧州通貨での米ドル安が影響し、113円ミドルで上値が抑制された。米株は主要3指数が上昇した。この日は米中貿易摩擦に対する懸念が後退。ハイテクやベーシックメタルといったセクターを中心に買い圧力が高まり、S&P500指数は前日比14.....
13
2018 12/3【IGウィークリーテクニカル分析】
2018 12/3【IGウィークリーテクニカル分析】
IGテクニカル分析では毎週1回、ドル円とユーロドルの重要なチャートポイントを端的に指摘しています。最新のトレンドやオーダー状況の情報も豊富な内容となっています。ぜひトレードの参考としてください。 USD/JPY 今週の想定レンジは112.70-114.54。コアレンジは標準誤差回帰分析バンドを想定。DMIは相場の底堅さを示唆する一方、ADXは横ばい推移が続いており上昇圧力が高まっているわけではない。114円レベルでは反落リスクを常に意識したい。だが、ドルプットの需要が後退しつつある状況を考えるならば、113円割れの局面は見られても、112円後半での押し目買いにサポートされよう。注視す....
16
ドル円とユーロドル それぞれのポイント
ドル円とユーロドル それぞれのポイント
Market Summary 11日の海外外為市場は、欧州通貨売り優勢の展開となった。この日も英ポンド売り圧力が高まり、ポンドドルは昨年4月以来となる1.25割れの展開に。安値1.2478まで下落する局面が見られた。ユーロドルは独金利の低下による米独利回り格差の拡大が意識され、安値1.1302まで下落した。ドル円は対欧州通貨での米ドル買いと米株の反転局面が散見されたことを受け、欧州タイム以降は113円前半で堅調に推移した。米株は売り買い交錯の展開となった。値ごろ感から買い戻しが入るも、メキシコとの国境建設を巡り民主党との対立が深まっているトランプ米大統領は、政府機関閉鎖の可能性を示唆したこと....
13
今週の焦点:米四半期決算と指標データにらみの1週間
今週の焦点:米四半期決算と指標データにらみの1週間
Weekly Outlook今週の外為市場は、米ドルの売り買いが交錯する展開を想定したい。米ドル売り要因として注視すべきは、米株の不安定な状況が続くことによる長期金利の3.0%割れである。一方、米ドル高要因として注視すべきは、各種指標データとなろう。これは、米国市場のリスク選好回帰の観点でも注視すべきイベントとなろう。週間の予想レンジだが、ドル円は110.00-112.90を想定。一方、ユーロドルは1.1250-1.1500を想定している。 Source: Bloomberg Market Analysis米株の不安定な状況が続いている。だが、ボラティリティ(VIX)を確認すると....
15
欧州通貨売りにサポートされる米ドル
欧州通貨売りにサポートされる米ドル
Market Summary 10日の海外外為市場は、英ポンド売り優勢の展開となった。メイ英首相はこの日、11日に予定されていた欧州連合(EU)からの離脱案を巡る議会採決を見送った。これを受け外為市場では英ポンド売り圧力が高まり、対米ドルで1.2505まで急落する局面が見られた。ユーロも対米ドルで反落し、安値1.1348までユーロ売り/米ドル高が進行した。一方、ドル円は、米ドル高と米株の反発を受け上昇。高値113.36を付ける局面が見られた。米株は主要3指数が反発した。ダウ平均が一時500ドル超下落するなど、週明けも下落でスタートした。だが、ハイテク株に買戻しが入ると終盤にかけて下げ幅が急速....
4
2018 10/15【IGウィークリーテクニカル分析】
2018 10/15【IGウィークリーテクニカル分析】
IGテクニカル分析では毎週1回、ドル円とユーロドルの重要なチャートポイントを端的に指摘しています。最新のトレンドやオーダー状況の情報も豊富な内容となっています。ぜひトレードの参考としてください。 USD/JPY 今週の想定レンジは110.80-113.50。-DIと+DIのかい離が縮小傾向へ転じ、リスクリバーサルの下方拡大には一服感が見られる。111円台でサポートされる展開を想定したい。下値の攻防分岐は2つのサポートラインとなろう。目先はリトレースメント61.80%とクロスしているサポートライン(108.10起点)の維持が焦点。一方、反発局面では113.00を挟んで展開している21日....
3
2018 10/1【IGウィークリーテクニカル分析】
2018 10/1【IGウィークリーテクニカル分析】
IGテクニカル分析では毎週1回、ドル円とユーロドルの重要なチャートポイントを端的に指摘しています。最新のトレンドやオーダー状況の情報も豊富な内容となっています。ぜひトレードの参考としてください。 USD/JPY 今週の想定レンジは112.50-115.00。10日MAで下値がサポートされ、ドルコール需要の高まりと同時に短期リスクリバーサルが上方へ拡大傾向にある点も考えるならば、115円を視野に上昇トレンドの維持を想定。具体的なレジスタンスポイントは以下を参照。一方、反落しても株高トレンドが大きく崩れない限り、下値は限定的だろう。まずは10日MAの攻防を注視したい。10日MA以下のサポ....
2
2018 9/3【IGウィークリーテクニカル分析】
2018 9/3【IGウィークリーテクニカル分析】
IGテクニカル分析では毎週1回、ドル円とユーロドルの重要なチャートポイントを端的に指摘しています。最新のトレンドやオーダー状況の情報も豊富な内容となっています。ぜひトレードの参考としてください。 USD/JPY 今週の想定レンジは109.75-112.20。8月31日の下ヒゲおよびゴールデンクロスの示現は相場の底堅さを示唆。しかしDMIで上値トライの圧力が高まっているシグナルは見られず。反発しても112.00前半での反落を警戒したい。一方、下値の焦点は110円台の維持となろう。株式動向次第で110円割れ&直近安値109.76トライを意識したい。具体的な上下のチャートポイントおよび週明け....
3
2018 8/27【IGウィークリーテクニカル分析】
2018 8/27【IGウィークリーテクニカル分析】
IGテクニカル分析では毎週1回、ドル円とユーロドルの重要なチャートポイントを端的に指摘しています。最新のトレンドやオーダー状況の情報も豊富な内容となっています。ぜひトレードの参考としてください。 USD/JPY 今週の想定レンジは110.00-112.14。通貨オプション市場ではドルプットの需要が後退中。目先の上値攻防分岐は111.50。このレベルの突破となれば、DMIで明確なトレンドシグナルが点灯し次のターゲット112.14(8/1高値)を目指す展開を想定したい。一方、下値の焦点は110円台の維持となろう。10日MAのブレイクは110.00(リトレースメント61.80%)再トライ....
5
2018 8/20【IGウィークリーテクニカル分析】
2018 8/20【IGウィークリーテクニカル分析】
IGテクニカル分析では毎週1回、ドル円とユーロドルの重要なチャートポイントを端的に指摘しています。最新のトレンドやオーダー状況の情報も豊富な内容となっています。ぜひトレードの参考としてください。 USD/JPY 今週の想定レンジは、先週と同じく109.20-111.50。DMIでは地合いの弱さを示唆。また、ADXが上向きへ転じつつある状況は地合いの弱さが継続する可能性を示唆している。よって、今週の攻防分岐はリトレースメント61.80%の水準にあたる110.00となろう。110.00を下方ブレイクする場合は、以下のサポートポイントをトライする展開を想定したい。一方、反発する場合は、21....
3
2018 8/13【IGウィークリーテクニカル分析】
2018 8/13【IGウィークリーテクニカル分析】
IGテクニカル分析では毎週1回、ドル円とユーロドルの重要なチャートポイントを端的に指摘しています。最新のトレンドやオーダー状況の情報も豊富な内容となっています。ぜひトレードの参考としてください。 USD/JPY 今週の想定レンジは109.20-111.50。通貨オプション市場ではドルプットの需要が増すとともに、リスクリバーサル(1週間)が下方に拡大傾向にある。目先の攻防分岐は110.00。このレベルを下方ブレイクする展開となれば、6月のサポートポイント109.35もしくは109.20のトライを警戒すべきフェーズへシフトしよう。一方、上値の焦点は111.50の攻防となろう。チャートポイン....
2


この情報はお役にたちましたか?